1. ホーム
  2. サステナビリティ方針

Sustainability Policyサステナビリティ方針

当社が属する三菱地所グループでは、「基本使命」である「住み・働き・憩う方々に満足いただける、地球環境にも配慮した魅力あふれるまちづくりを通じて、真に価値ある社会の実現に貢献する」を掲げ、CSRと一体となった経営戦略を推進しています。

また、投資家の間では、中長期的な資産価値の維持・向上の観点から、環境(Environment)・社会(Society)・ガバナンス(Governance)(以下「ESG」とします。)への配慮が重要であるとの認識が高まっています。

当社は、不動産運用業務の全般において、三菱地所グループの理念とESG配慮を組み込むことが中長期の安定運用や収益向上に資すると考え、以下の通り「サステナビリティ方針」を策定します。

1. 低炭素社会形成への寄与

省エネルギーに寄与する運用改善や設備の導入など、エネルギーの効率的な利用を積極的に実践し、低炭素社会の形成に寄与します。

2. 循環型社会形成への寄与

水資源の効率的な利用、ならびにリデュース(廃棄物等の発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)に努め、循環型社会の形成に寄与します。

3. 自然調和型社会形成への寄与

生物多様性に配慮した植栽管理を通じて、環境との共生に努め、自然調和型社会の形成に寄与します。

4. 安全と安心の向上

防災・災害対策として、公民連携による防災訓練の実施やBCP(事業継続計画)への取組を推進していきます。

5. 役職員への取り組み

社員の環境意識の向上や能力開発を図るための教育、啓発活動を実施するとともに、多様な人財の活躍やライフスタイルに応じた柔軟な働き方を支援します。

6. 社外のステークホルダーとの協働

プロパティ・マネジメント会社等のサプライヤーと協働し、テナントの満足度向上に努めるとともに、地域社会との共生を図っていきます。

7. 情報開示と環境認証の取得

投資家を始めとする様々なステークホルダーに対し、ESGに関する情報の開示に努めます。 また、グリーンビルディング認証等の環境認証・評価を継続的に取得していきます。

上記の通り、当社はサステナビリティ推進体制を整備するとともに、ESGに関する法令・規則を順守し、サステナビリティに関する取組を実践することにより、不動産運用業務を通じて持続可能な社会の実現に貢献します。

制定:2016年5月10日

このページの先頭へ